社章のサイズはどのくらいがいい?|社章の山脇マーク

社章のサイズはどのくらいがいい?

サイトマップ

熟練の職人がこころを込めて作ります 熟練の職人がこころを込めて作ります 熟練の職人が 熟練の職人が ひとつひとつ ひとつひとつ こころを込めて こころを込めて つくります 創業80年 社章・徽章・校章・各種記念品 社章・徽章・校章・各種記念品

安心の社章製造会社山脇マーク

このページはあくまで運営者の趣味による情報提供です。弊社の商品とは関係ございません。
また、下記の情報の使用による損失などの責任は一切負いませんので予めご了承ください。

社章・校章・記章には標準の大きさというものは厳密には定められていません。
社章を作りたいがサイズについて迷っている、そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一番人気のサイズは直径11mm~16mmの丸型

デザインにもよりますが形によって、好まれる大きさは異なるようです。社章には 明確なサイズの基準等はありませんが、5mm違うとかなり印象が変わってきます。

社章の形で変わる それぞれの人気サイズ

■丸型
様々な業種の企業様で採用されることが多く特に人気の高い形です。大きさは、直径10~16mm程のサイズのものが多く採用されており、マークのみや頭文字一文字など、すごくシンプルなものが主流です。

■正方形
12×12mm~15×15mmのサイズで製作することが多いです。こちらも丸型と同様、ベーシックな形です。
丸型と正方形はつけている最中にもし斜めになったりしても、悪目立ちしにくいというメリットがあります。

■長方形
20×7mm前後がおすすめです。 元々のロゴが横長の場合や、ロゴと社名を入れたい場合などに選ばれます。丸型や正方形に比べると面積が広くなりますので、社名をきれいに入れたい場合は長方形が適しています。

■変形型
ロゴに沿ったものや三角系、楕円、文字型に沿ったものなど、変形型の社章が採用されることもあります。変形型の場合はデザインに合わせて大きさが決定するため、特に人気の大きさというのはありません。

※上記のサイズはあくまで目安です。使用するデザインによって最適なサイズは変わります

個性の出る変わり種社章

社章にはおすすめのサイズや一般的に選ばれているものはありますが、こうでないといけないといった決まりはありません
おもしろみのある記念品として巨大社章や、一般的な大きさを遥かに下回るサイズの極小社章、2つで1つのモチーフになる繋がる社章など、自由の幅は無限にあります。普通ではないものをお探しの方、個性を印象づけたい方などは「常識」から一歩踏み出して社章を考えてみるのも楽しいかもしれません。

毎日付ける社章だから素材や色にもこだわりたい

社章は毎日着用するものです。長く綺麗に使い続けるために、素材にも色にもこだわりたいですよね。

おすすめの素材

持ちや変色、強度や価値の観点から見てもおすすめの素材はやはりシルバー・ゴールドです。その中でもゴールドは18金や24金が価値も高く、選ばれることが多いです。
社章は小さなものですがその小さい中に大きな意味を持っているものです。価値の高い素材ではないといけないことは勿論ないですが、社章の持つ意味の重みに磨きをかける意味でも素材自体の変わらぬ価値の高さゆえ、シルバーやゴールドが好まれています。

おすすめの色

男性の場合、青・シルバー、女性の場合、赤・ゴールドを選択されることが多いようです。 シルバーはクールなイメージがあるので洗練された知的な印象を与えます。
ゴールドは豊かさや高級感を感じさせる色なので、身につけると華やかな印象になります。

綺麗に見えるデザインのポイント

会社名を入れるのがいいか?実際のロゴのカラーで作るか一色にするか?ロゴの頭文字だけ使うか?形は・・・?など、いざロゴを元に作ろうと思っても案外迷ってしまうものです。
ロゴでただ作ればいいだけではない、社章の奥深さを楽しみながら考えてみてください。

左右対称で作るとバランスがいいので綺麗に見える

ロゴの関係もあり、全てのデザインで左右対称に…というのは難しいですが左右対称のデザインの社章は安定感が生まれ、きれいに見えます。

パッと見で伝わるシンプルさが重要

色々と盛り込んだボリュームのあるデザインよりは、パッと見ただけで認識ができるシンプルなデザインがおすすめです。社章は情報量を詰め込むのではなく、情報量をうまく引きながらいかに伝えるかを主軸として考えると、うまくいきやすいです。

社章に高級感を出す

安っぽい印象を与えてしまっては意味がありません。会社や社員の責任、歴史、誇り、を社章に宿すことに意味があります。小さいながらも胸で堂々とキラリと光る社章。サイズ感や、デザインに迷った時は作ってもらう際に、専門業者へ相談してみてください。 あなたに合ったアドバイスをもらって、考えてみてください。

社章を作りたいと思うのですが、このままの自社のロゴを写すだけで
いいのでしょうか・・・??

ご相談ありがとうございます。まずはあなたの会社について教えてください。
どのような業種で、何を重視している会社ですか?強みは何ですか?

金融関係なので、お客様からの信頼が最も大事です。
あと、50年の歴史があります。

それはすごいですね、では、今お持ちのカラフルなロゴをそのまま社章にするのではなく、凹凸の加工でロゴを表して重鎮感を持たせるのはいかがでしょうか?

なるほど!そうなったら金か銀か、もしくはイブシがいいですね。
イメージはシルバーが一番しっくり来るな・・・

こだわって考え抜いて作られた社章は身につけていると身が引き締まりますし、お客様に対してもきちんとした印象を与えられます。ぜひ、あなたもこだわりの社章で胸元を飾ってください。

▽このページを読んだ人はこんな記事も見ています

  • 社章に使われている宝石について
  • 社章をつける位置
  • 社章に使われている金属について