社章にスワロフスキーをいれよう

サイトマップ

熟練の職人がこころを込めて作ります 熟練の職人がこころを込めて作ります 熟練の職人が 熟練の職人が ひとつひとつ ひとつひとつ こころを込めて こころを込めて つくります 創業80年 社章・徽章・校章・各種記念品 社章・徽章・校章・各種記念品

社章にスワロフスキーをいれよう

社章の製作を検討されている方の考えはさまざまです。『あまり目立たなく落ち着いた感じがいい』といった方もいますし、『うちの社章はできるだけ目立たせたい!』『他社とは違った社章がいい!』といった考えの方もいます。そういった方が製作されるのが『スワロフスキー』の入った社章です。今回はスワロフスキー入りの社章について解説してみましょう。
スワロフスキーのイラスト.jpg

スワロフスキーって何?

ではスワロフスキーとは何でしょうか?スワロフスキーとはダニエル・スワロフスキーが1895年にオーストラリアで設立したスワロフスキー社のことを指します。スワロフスキー社が提供するクリスタル製品全般をスワロフスキーと呼びます。スワロフスキー社の提供する製品はアクセサリー、時計、置物があります。世界中で人気のある製品といえるでしょう。

社章用のスワロフスキーとは?

私たちの使用するスワロフスキーは約1~3mmくらいの小さい豆粒サイズのダイヤモンドのようなガラス粒です。スワロフスキーには『チャトン』『フラットバック』『ホットフィックス』があります。社章にはホットフィックスは使用せずに、チャトンかフラットバックを使用します。チャトンとは裏面がとがった形状のスワロフスキーです。フラットバックは裏面が平になっているスワロフスキーのことを指します。どちらを選ぶかはデザインによって変わってきます。
スワロフスキーチャトンイラスト.jpg

社章にスワロフスキーをいれるとどう変わる?

スワロフスキーは比較的安価にもかかわらず、ダイヤモンドのような輝きを放ちます。スワロフスキーを社章にいれることで華やかさが増します。また、スワロフスキーは階級章としてチーム分けに使用することも可能です。スワロフスキーの色は全部で100種類以上あります。(ただし、全てのスワロフスキーの在庫があるわけではないです。あまり需要のない色のスワロフスキーは在庫がない場合もあります)所属部署やチームに応じて、色を分けることが可能です。例えば、Aチームはクリスタル。Bチームはエメラルド。Cチームはサファイア。といった感じで色分けをします。さりげない色分けですので、品よく差別化を図ることが可能です。

スワロフスキーを入れる際の注意点

社章にスワロフスキーを入れられたい際に注意すべき点が2点あります。
  1. ①スワロフスキー有りと無しでは金型が違う
  2. ②スワロフスキーのサイズはできるだけ大きめがお勧め
スワロフスキー入りと無しでは金型を各々つくる必要があるという点です。少量であれば一型で対応することもできますが、基本的にスワロフスキー入り用と無し用で金型は違ってきます。
スワロフスキーのサイズは様々です。小さいもので直径1mmからあります。個人的にお勧めするのは、希望のサイズよりワンサイズ大きめにすることです。スワロフスキーはデザイン上と実際出来上がったものですと少し小さく感じます。(ただし、これは私の感覚なので人によっては違って感じるかもしれません)
スワロフスキーの写真.jpg

スワロフスキーについてのまとめ

スワロフスキーは多くのカラーをそろえていますので、ニーズに合ったカラーを選ぶことができます。『高級感のある社章にしたい!』そんな方にはクリスタル。『かわいい社章がいい』という方にはルビー。大人な感じにしたい方はジェットなどはいかがでしょうか?