ピンズ作成依頼を愛知県名古屋市のお客様から頂きました

サイトマップ

熟練の職人がこころを込めて作ります 熟練の職人がこころを込めて作ります 熟練の職人が 熟練の職人が ひとつひとつ ひとつひとつ こころを込めて こころを込めて つくります 創業80年 社章・徽章・校章・各種記念品 社章・徽章・校章・各種記念品

名古屋のお客様からピンズ製作のご依頼

愛知県名古屋市のお客様からピンズのご注文をいただきました!ピンズを作られるのが初めてだったということでしたので、とりあえず手描きのラフデザインを支給していただき、それをもとに弊社にてイメージデザインを10パターンほど作成させていただき、その中から一つお選びいただいて、デザインを更につめていくという流れで進めさせていただきました。ピンズを作られるのが初めてというお客様は多いです。そういったお客様でも気軽にご連絡いただいて構いません。お問い合わせいただく時点で、おおよそのイメージを頭の中で描いていただけると幸いです。もしくは、他のピンズ画像などをお持ちいただいたり、メールしていただけますと助かります。まったくアイデアも何もない状態からですと対応が難しいので。今回ご注文いただいた名古屋のお客様のピンズは純銀製になります。メッキはロジウムメッキを使用しております。裏金具はタイタックです。サイズは一般的な会社の社章に比べると大きめになります。個人的に使われる物ですので、サイズは少し大きめでも問題ないと思います。

愛知県名古屋市のお客様のピンズ画像

製造途中で別のピンズデザインも追加?!

今回ご注文いただいたお客様はピンズの製造中に初めに提案した10種のイメージデザイン案の中でもうひとつ気になったデザインがあったようで、そのデザインでも追加のご注文をいただきました。選ばれるデザインによっては新たに金型から作る必要があったのですが、たまたまお選びいただいたデザインが初めに選ばれたデザインと同じ金型で製造できるものでしたので、一種の金型で2種ピンズを製造させていただけました。初めに選ばれたデザインはロジウムメッキ仕上げのデザインで、カラーは入っておらず、表面に凹凸のある仕様になります。文字部分が凹になっております。2種目のデザインはトギエポでカラーが入っております。表面に凹凸はなく、ほとんどフラットな状態になっています。

愛知県名古屋市のお客様のピンズサンプル画像2

安心の日本製ピンズ

弊社で作っておりますので日本製です。安心してご相談ください。1個からでも製造可能ですし、自社生産ですので比較的安価に提供することが可能です。見積もりやご相談にもスピーディーに対応させていただきます。もちろんクオリティーにも自信があります。

ピンズの見積もりについて

弊社ではピンズの価格表といったものは設けておりません。その理由としてピンズは使用するデザインによって金額がかわるので、価格表というものを設けることができないからです。ですので、弊社ではその都度見積もりをさせていただいております。見積もりをするにあたって、最低必要な情報は下記の情報になります。

  • ●デザイン(できるだけ正確なデザインをいただけると助かりますが、無理ならばラフスケッチでも構いません)
  • ●数量

可能であれば製法やサイズも見積もり前にお選びいただけるとありがたいですが、製法に関してはわからないお客様がほとんどだと思いますので、弊社で適当と思う製法をいくつか選びご提案も兼ねて見積もりをさせていただきます。もし、プラチナや24金・18金などの貴金属製品をお求めの方は事前にお申し付けください。

ひとつの型でバリエーションをつける

今回のお客様は製造途中で同じ型を使用した新たな種類のピンズを追加されました。製造途中で追加があることは通常まずないですが、製造開始前の段階で同じ型を使用して別のデザインのピンズを作られるお客様は多々おられます。ひとつの型でバリエーションをつける場合、いろいろな制限がございます。まず、色の入るデザインである場合、色(黒や赤などの色。メッキの色ではございません)の入る部分は凹である必要があります。それを踏まえたうえで、色にバリエーションをつけることが可能です。色の入るところを凸にしたりすることはできません。もし、凸にされる場合は別に型をつくる必要がございます。他のバリエーションとしてはメッキの色を変えることが可能です。メッキの種類としては、ゴールド、シルバー、つやのないパール調ゴールド&シルバー、銀イブシ、銅イブシ、真鍮イブシなどが一般的です。その他にも、ピンクゴールド、シャンパンゴールド、ブラックなどのメッキもございます。

ピンズバリエーションサンプル画像

上記サンプル4点は2型使用しております。左上が真鍮イブシ、右上がロジウム金挿し、右下が銀イブシになり、これら3種が共通の型を使用しています。左下のだけ別に型を作らせていただきました。これら以外にも、カラーでバリエーションをつけたサンプルが下記の画像の物になります。カラーバリエーションをつけて多種つくられたものを眺めるのは爽快です。

カラーのピンズサンプル画像

ピンズの製法

ピンズの製法について簡単に説明させていただきます。ピンズの製法は大きく分けて2種類です。その中でまた何種類かに分かれます。製法によっては組み合わせることもできますので、トータルすると製法の数はすごく多くなります。(製法によっては組み合わせができない場合もあります)

【シンプル】 

①単色メッキ ②コンビメッキ(ツートンメッキ) ③イブシ ④サテーナー ⑤ダムシン 

【カラー】

①トギエポ ②ラッカーエポ ③本七宝

各製法の中にもいろいろなバリエーションがございます。例えば、単色メッキの中の種類だけでも9種類あります。イブシ仕上げでも3種類あります。

ピンズの裏金具

ピンズの裏金具の中の種類はさまざまです。着用する衣類、用途に応じて選んでいただければと思います。下記が一般的な裏金具の一覧となります。

  • ●ロータリーねじ
  • ●平ネジ
  • ●タイタック
  • ●ショートタック
  • ●管ピン
  • ●蝶タック
  • ●袋ネジ
  • ●豆クリップ
  • ●マグネット
  • ●スカーフピン
  • ●造花ピン

上記以外の裏金具も取り扱っております。裏金具の種類によってメリット、デメリットがありますので、用途にあった最適な裏金具を選んでください。注意点としてましては、完成したピンズの裏金具を付け替えることはできないので、製造開始前に適した種類を選んでいただかなければいけません。

安価なピンズをお求めの方には海外製の印刷ピンズがお勧め!

今回製造させていただいた名古屋のお客様のピンズは贈り物(プレゼント)ということもあり、純銀製を使用した比較的高価な種類のピンズになります。ただ、イベント用や販促用の安価なピンズをご希望されるお客様もおられます。そのようなお客様用に印刷を使用したピンズも対応可能です。印刷製品は2種類になります。

オフセット印刷

シルク印刷

シルク印刷やオフセット印刷のピンズは大量生産も可能ですし、安価に提供できます。とにかく安価なものを希望されるお客様にはお勧めです。印刷製品(特にオフセット印刷)の場合、デザイン制限もほとんどございません。そのまま印刷するだけですので。オフセットですとグラデーションも表現できますし、写真での入稿も可能です。また、印刷製品は納期も短納期で納品することが可能です。シルク印刷の場合、オフセット印刷とは違い色をpantone やDICで指定していただくことが可能です。オフセット印刷は色誤差が生じるのに対して、シルク印刷は色誤差がでないのが特徴です。色の鮮明度・再現性といった点でくらべるとシルク印刷の方がやや上といれるでしょう。印刷をするベースとなる素材はステンレス・真鍮が多く、アルミでも対応可能です。通常、印刷ピンズの表面にはエポキシ樹脂と呼ばれる透明の樹脂がドーム状に盛られます。

印刷ピンズで注意しなければいけない点としましては、海外の旧正月に重なる時期(1月~2月くらい)ですと、納期が大幅に遅れれます。通常納期より1か月以上多くかかる場合もございますのでご注意ください。

シルク印刷のピンバッジ画像
オフセット印刷のピンズ画像2