社章の最新情報を山脇マーク製作所がご紹介します

サイトマップ

お問い合わせ
熟練の職人がこころを込めて作ります

社章のお手入れ方法は?

毎日使用する社章ですが、どのようにお手入れすればよいのでしょうか?
機械であれば油をさしたり、専門の人に定期的に手入れしてもらったりしてメンテナンスはできます。
お肌であれば乳液や化粧水などのぬったりできます。
植物であれば水をあげたり肥料をあげたりします。
車であれば半年に一回ディーラーで悪いところがないかチェックしてもらうこともできます。
では、社章にお手入れ方法はあるのでしょうか?

悩む女性の画像.jpg

毎日のケアが大事

一般的な社章は一度変色してしまったり傷ついたりしてしまうともとに戻すのは困難です。光沢も一般の方では戻すことはできないです。有償であれば直すことも可能ですが、かなりコストがかかってしまいますし、同じように戻せる保障はございません。ですので、そうなる前に、手垢や汗などの汚れ、油分などがついたらすぐふき取ってあげたり、雨などに濡れないように日ごろからこまめに気を付けることが大事です。

積み重ね画像.jpg

社章の製造方法によっては可能

限られた製造方法・材質によっては輝きが戻る場合があります。

  • ●純銀製いぶし仕上げ
  • ●金張り製品
上記の二種の表面の変色に関してはシルバークロスなどでさっとふいていただければ多少光沢が戻ります。ただし、間違ってもメッキ製品では使用しないでください。メッキが剥げる恐れがあります。真鍮製のいぶし仕上げは銀メッキをしておりますので、シルバークロスでは決してみがかないように願います。また、金張りと金メッキでは金の厚みが全く違いますので、金メッキの上からシルバークロスで磨くとすぐ金が剥げてしまいますので、金メッキでは絶対使用しないように。

純銀製_銀イブシ20180404 (3).JPG

貴金属製品はブラッシュアップ可能?

金製品やプラチナ製品などの貴金属製品は有償となりますがブラッシュアップ可能です。ただし、デザインや仕様によっては一度しかブラッシュアップできない場合もあります。また、深い傷がはいった場合は修理はできません。

18金製202011 (1).JPG

社章のお手入れのまとめ

純銀製の銀いぶし仕上げや金張り製品以外の一般的な社章では、一度変色してしまうともとに戻すのは難しいです。ですので、長く社章を使用していただくためにも、できるだけ社章を水分や油分・手垢から遠ざけて、もし、濡れてしまった場合はすぐ拭いていただくようお願いします。大事な会社の社章ですので、末永く使っていただくためにも日ごろからのお手入れをお勧めします。
日時:2021年3月 9日 20:56